ボトックスコラム 小顔治療に関するQ&A ボトックスについて

今話題の小顔治療ができる美容外科を徹底調査!!

顔が大きく見えてしまうエラ張りにお悩みのあなた。そんなあなたには、美容外科で展開されているエラ改善・小顔治療がオススメです。とはいえ、「エラ削りなどの手術を要する治療はちょっと・・・」という方は多いでしょう。安心して下さい。近年、メスを使うことなくエラを改善できるボトックス注射が注目を集めています。「注射を打つだけでエラが改善されるなんて信じられない!」「エラ削りをせずにエラが改善されるのはなぜ?」こんな疑問をお持ちのあなたのために、今回は注射を打つだけで簡単にエラが改善されてしまうボトックス注射の仕組みについて迫っていきましょう。

ボトックスに関するコラム一覧

ボトックスは、ボツリヌス毒素から抽出した成分のことです。実は非常に毒性が強いものですが、ボトックスに使用されているものは毒性が取り除かれているので安全に使用できます。ボトックスには、筋肉の動きを抑制する働きがあり、筋肉の発達によるエラ張りを解消することができます。エラの張りを抑える治療法としてエラ削りが一般的に知られていますが、メスを使用するエラ削りに比べて、ボトックスは注射器によって注入するため痛みも少なく、傷跡も残りません。ボトックスの効果は、1回の注射で約半年~1年間効果が持続します。

詳しくはこちら

ボトックスの大きなメリットは、まず値段です。ボトックスは手術をすることなく施術ができるエラ改善・小顔治療です。そのため、手術を要するエラ削りなどの施術に比べて低料金となっています。そして、手術をしないのでダウンタイムも殆どありません。施術当日からメイクをすることも可能ですし、施術翌日には何事もなかったかのように仕事へ行くことができます。また、自然な仕上がりなので、人に気づかれにくいのも嬉しいポイントです。一度施術すれば、半年から3年の効果を期待することができるので、仕上がりがイマイチだったとっきも安心。やり直しがききます。最後に、驚きの短時間で施術ができるのもボトックスの魅力。エラ削りのように大掛かりな施術は必要なし。5分から10分でエラが改善され、小顔が手に入ります。

詳しくはこちら

ボトックスには、筋肉の働きを麻痺させる作用があります。そのため、ボトックスをエラに注射すると、エラの筋肉の緊張が和らぎ、ボリュームダウンすることができるのです。ですが、ボトックスの作用は永久に持続するものではありません。個人差はありますが、ボトックス注射による小顔効果が続くのは、半年~1年程度です。ただし、小さくなった顔が急激に元に戻るわけではありません。ボトックス注射は、その効果が2~4週間かけてじっくり現れてくるように、効果が消えるときもゆっくりと時間をかけて変化します。そのため、ボトックス注射から半年程度経ったら、自分の顔の様子を日々観察することが大切です。

詳しくはこちら

エラを瞬時に改善し、小顔を手に入れることができるボトックス注射。しかし、そんなボトックス注射には副作用や後遺症が生じる場合もあることをご存知ですか? ボトックスの主成分であるボツリヌストキシンは、筋肉を麻痺させ、収縮させる効果があります。この麻痺の効果がキツすぎれば、腫れ、アザといった副作用が出たりします。最悪、神経麻痺、眼瞼下垂といった後遺症が残ることもあります。ですので、いくら気軽に施術できるプチ整形といえども、決して迂闊な気持ちで利用してはいけません。ボトックス注射を検討されている方は、安心と信頼のおける美容外科を利用し、十分なカウンセリングを受けた後に施術を受けるようにしましょう。

詳しくはこちら
イチオシ!小顔治療だったらココ!美容外科を徹底比較!
小顔治療だったらココ! イチオシ美容外科を徹底比較!

小顔術は、美容外科で人気な施術の1つ。エラ削りやボトックス注射が得意な美容外科を見つけて、憧れの小顔になりましょう。

イチオシ美容外科はこちら
ボトックスコラム
咬む力が衰えるとエラが張ってしまうのをご存知ですか? 硬いものを食べない方、偏食がちの方、食事の際にあまり物を噛まない方、そんな方は要注意です。噛む力を鍛えないと、次第にエラが張ってしまうのです。私達は咬筋という筋肉を使って物を噛んでいます。しかし、この咬筋、使用しないとどんどん衰えていくのです。結果、筋肉がたるみ、筋肉によって支えられていた頬もたるみ、エラの張った老け顔が形成されてしまいます。噛むことは、健康のみならず、美容にも効果があります。エラを予防するためにも、食事の際にはしっかり物を噛んで食べるようにしましょう。