ボトックスコラム 小顔治療に関するQ&A ボトックスの持続効果について

効果の持続期間は一般的に半年から1年

ボトックスには、筋肉の働きを麻痺させる作用があります。そのため、ボトックスをエラに注射すると、エラの筋肉の緊張が和らぎ、ボリュームダウンすることができるのです。ですが、ボトックスの作用は永久に持続するものではありません。個人差はありますが、ボトックス注射による小顔効果が続くのは、半年~1年程度です。ただし、小さくなった顔が急激に元に戻るわけではありません。ボトックス注射は、その効果が2~4週間かけてじっくり現れてくるように、効果が消えるときもゆっくりと時間をかけて変化します。そのため、ボトックス注射から半年程度経ったら、自分の顔の様子を日々観察することが大切です。

ボトックス治療の周期

ボトックスを注射して半年~1年が経つと、その効果が徐々に薄れてきます。効果の持続時間には個人差があるので、毎日自分の顔の変化をチェックして、エラの張りが気になり始めたら再びボトックス注射を受けると良いでしょう。なお、ボトックス注射を受ける周期を「何ヶ月」と断定することはできません。ボトックス注射の持続期間は、回を重ねる度に延びていくものだからです。初めて注射したときの効果が6ヶ月で消えたとしても、2回目は7ヶ月続くかもしれません。また、4~6ヶ月周期で5回ほどボトックス注射を続けると、その効果が半永久的に持続するようになります。

継続的に受けることが大事

ボトックスの作用は、基本的に一過性です。ですが、何年も歩かなかった人の足が細くなるように、ボトックスで筋肉が麻痺した状態が続くと、筋繊維そのものが衰えて細くなっていきます。そのため、ボトックス注射は、継続することでより小顔効果を高めていくことができるのです。1回目のボトックス注射から1ヶ月後の顔写真と、2回目のボトックス注射から1ヶ月後の顔写真を見比べれば、2回目のほうが小顔になっていることでしょう。コツコツと美容外科に通い、5回ほど注射を受けた後は、すっきりしたフェイスラインを半永久的に維持することができます。

ボトックス体験者様の声

初めての美容整形でも安心して挑めました

美容整形って私にとってはすごくハードルの高いものでした。でも、エラの張りがとても気になって・・・このコンプレックスだけは治したいと思いエラ削りの施術を受けることにしました。不安で不安でたまらなかったので、クリニックで相談をしたところエラ削りをしなくてもボトックス注射でエラの張りが抑えることができると言われました。先生の言うとおり、ボトックス注射を受けたら、1週間ほどでエラの張りが収まってきました。ナチュラルに小顔になれて嬉しく思います。

長年のコンプレックスが数分で解消されました

ここ数年間、目尻のシワが気になって、化粧でも隠せなくなってきたので、ボトックス注射を受けました。ボトックス注射は、メスも使わないし料金もお手頃だから、気軽に受けられるのが嬉しいですね。しかも、仕上がりがすごくナチュラルなんです!施術後ちょっと表情が作りにくくなるけど、全然気にならない程度だし、こんなに気軽に受けられるなら長く続けたいですね。化粧も楽しくなったし、周りの友人にも「最近、若返った」と褒められます!

イチオシ!小顔治療だったらココ!美容外科を徹底比較!
小顔治療だったらココ! イチオシ美容外科を徹底比較!

小顔術は、美容外科で人気な施術の1つ。エラ削りやボトックス注射が得意な美容外科を見つけて、憧れの小顔になりましょう。

イチオシ美容外科はこちら
ボトックスコラム
エラ削りは、美容外科の施術メニューの中でもかなり高額な部類に入ります。エラ削りは、2時間程度かかる大掛かりな手術であり、術後は3日間程度の入院が必要です。そのため、エラ削り手術を受けるには、100~120万円の費用がかかります。エラの削り具合や部位によっては、さらに高額になる場合もあるのです。一方、ボトックス注射なら、1回当たり1万円~で受けることができます。その代わり、持続期間に限りがあるので、効果を維持するには何度も注射を受ける必要があります。美容外科の小顔術を選ぶときは、「まとまったお金を用意できるかどうか」が、注目ポイントの1つといえるでしょう。