エラ削りコラム 小顔治療に関するQ&A 腫れや痛みについて

エラ削り後は必ず腫れます。

ボトックスでも注射時に痛みを感じることがありますが、エラ削りでは手術後に必ずといって良いほど腫れと痛みがきます。腫れはエラ削りの手術を行った翌日がピークで、その後3日程度続き、徐々に落ち着いていきます。1周間もすれば大きな腫れはほとんど引いていきますが、小さな腫れはまだ続きます。腫れが完全に引くには、通常2週間程度必要だとされています。また、内出血や感染症などが併発した場合、腫れが長引くこともあります。もし2週間以上経過しても腫れや痛みが引かない場合には、速やかに病院を受診し、診察を受けましょう。

痛みは内服薬などでコントロールできる程度

前述のように、ボトックスの場合とは違って、エラ削りでは腫れや痛みが発生します。そのため、手術後の日常生活に支障が出るのではないかと心配することもあるかと思います。腫れに関しては2週間程度は続くため、その間はマスクで隠すなどの必要があるかもしれません。しかし、エラ削り後の痛みに関しては痛み止めの内服薬などで緩和することもできるので、そう心配するほどのものではありません。痛みが強い場合は、病院に相談すれば痛み止めを処方してもらえるので、我慢ができない場合は遠慮せずに相談するようにしましょう。

エラ削り後の過ごし方

エラ削りの手術は、口の中から行います。そのため、口の中には傷が残るので、しばらくは柔らかいものを食べるようにするといいでしょう。固いものを食べると、傷に障るおそれがあります。同じく、刺激物も控えるほうがいいでしょう。また、エラ削りの手術後は2週間程度腫れますが、この期間の入浴は一般的には避けられています。これは、体を温める血行がよくなり、腫れや痛みが強くなる可能性があるからです。シャワーや洗顔程度であれば問題ないとされているので、腫れている間はこれらですませるようにしましょう。

エラ削り体験者様の声

ボトックスじゃ無理だった私のエラ。
エラ削りで見違えるほどの小顔をGETしました~!

私は生まれつきエラが張っていました。骨の出っ張りによるエラなので、ボトックス注射ではどうすることもできないといわれました…。そこで、勇気を出してお金をためてエラ削りにチャレンジしました。術後2週間のダウンタイムは辛かったです。会社も有給を使って2週間近く休みました。とてもじゃないけど、仕事できる状態ではありません。でも、ダウンタイムを過ぎたら、本当に世界が変わったような気分になります。メイク、ファッションを今まで以上に楽しむことができている現在です。痛みはありますが一時だけ。乗り越えれば、本当に劇的な小顔を手に入れることができます。

人って輪郭が変わるだけで印象が大きく変わるんだなと思いました!

手術後は痛みや腫れに悩まされましたが、包帯を取ったときの感動は今でも忘れられません…!エラがなくなるだけで、ここまで人の印象って変わるんだぁ~って感動しました。ちょっと涙も出ました(笑)ダウンタイムはキツイですが、でも、それ以上に効果が素晴らしいです!今までボトックス注射なども試しましたが、やっぱり骨を削っているだけあって、確実に顔が小さくなってました…!エラ削りと聞けば恐怖心がありますが、手術中は麻酔がかかっているので全く平気です。術後のダウンタイムが大きなデメリットですかね。でも、すっごいやりがいのある治療!私はやってよかったです~!

イチオシ!小顔治療だったらココ!美容外科を徹底比較!
小顔治療だったらココ! イチオシ美容外科を徹底比較!

小顔術は、美容外科で人気な施術の1つ。エラ削りやボトックス注射が得意な美容外科を見つけて、憧れの小顔になりましょう。

イチオシ美容外科はこちら
ボトックスコラム
このページでもご紹介したように、エラ削りの手術後は固いものや刺激物を食べてはいけません。これは、口の中に傷が残っているからです。他にも入浴など禁止されているものはありますが、その中のひとつに喫煙があります。喫煙をしてはいけない理由としては、傷の治りが遅くなることがあげられます。喫煙をすることで血液の循環が悪くなってしまうのです。血液の循環はよくなりすぎてもいけませんが、悪くてもいけないのです。また、喫煙によって傷口に細菌が付着し、感染症を引き起こす可能性もあります。こういったことから、エラ削りの手術後1ヶ月程度は禁煙しなければいけないとされています。